様々な勤務体系

社会人と言っても、雇用形態には様々なものがあります。
正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト、パート、日雇い…

学生から社会人になる前にほとんどの学生が就職を希望し、就職活動に勤しみます。
しかし、リーマンショック後すぐの就活生にはかなり厳しい状況が待ち受けていました。
内定が決まっていたのにも関わらず内定取り消しになってしまったり、
何百社の説明会を受け、何十社の面接を受けても全て落ちてしまったり。
そのタイミングで就活だった方たちはとても苦悩されたことでしょう。

学生の大多数は一番優遇されているであろう「正社員」を目指して就活をします。
確かに、男性の場合、一生自分の稼ぎで生きていくことを強いられるので
安定した職業に付くということは今後の人生にとって大切なことです。

では、女性はどうでしょうか。
近年では女性の活躍も目まぐるしく、仕事に生きる!という
スタンスのキャリアウーマンも少なくありません。
実際に数々の会社で女性役員が生まれたり、監督職を担う人も増えています。

しかし、その一方で、
自ら契約社員や、派遣社員、アルバイトを選ぶ人も増えています。

自分の時間、夢、趣味、美容(例:ミュゼ 赤羽)を大切にしたいという考えで
出来るだけ勤務時間をフレックスに動かせる勤務先を好む方が増えています。
ある意味では
これも女性の「個」が認められる世の中になったということなのかもしれません。

どんな会社、どんな勤務形態だとしても自分の人生ですから、
自分にあった納得できる働き方を探してみてはいかがでしょうか。

身体が資本

relax

社会人デビューをしたのならば、エステに通うことは有効です。
これは社会人になると、肉体的にも精神的にもストレスが多くなってしまうからです。
このストレスに対し解消するための手段が無ければストレスは蓄積してしまうことになり
肉体的にも精神的にもダメージが大きくなってしまうのです。

このストレスを解消するための手段として、エステに通うことはとても有効なのです。

身体的においては、体の血行を良くすることにより、疲労の回復につながります。

精神的においては、施術中はとてもリラックスした状態を
作り上げることが可能であるために、ストレスの緩和につながるのです。

社会人デビューしたばかりであるのならば、
日常生活は慣れるまで常にストレスの大きいものとなってしまいます。

人間は新しい環境に慣れるまでは、肉体も精神も酷使することになるからです。
そのため積極的にエステに通うことは、心身をリセットするために有効なのです。

社会人デビューをしたばかりの頃に、肌が荒れてしまったり
また抜け毛が多くなる場合があります。
これはストレスが過剰になり、それが身体的な症状として出てしまっているのです。
そのため、美容にとっては、ストレスは好ましくないものなのです。

社会人デビューをしたのならば、エステに通うことは、
日常生活を効果的に送ることだけではなく、美容に対しても大切です。
社会人はストレスがとても多いために、エステで解消することが美容に有効なのです。

また、女性の場合は体のメンテナンスだけでなく、
脱毛しておくのも最近では常識化していることがあります。
新社会人でも通えるような格安のサロンもたくさんあります。
管理人が知っている安くて口コミのいいサロンを比較しているサイトを紹介しておきます。
オススメ→《ミュゼ目黒店とエピレの違いはなに?

東京デビュー

地方から出てきて、東京で社会人デビューをする方は毎年大勢います。
きっと夢と希望を胸に、皆さん社会人デビューをされているのではないでしょうか。
しかし、社会人は、そんなに甘いものではありません。現実は厳しいです。

職場で色々な困難にぶつかり、そのたびにへこんで
それでも気持ちを切り替えつつ頑張っていけるのか
もしくは、立ち上がれなくてやめてしまうことになるかは
本人の努力のみではなく周りの環境やタイミングによって決まってきます。

東京という大きな都市で、周りに助けてくれる人がいなくて、
孤独感を感じつつ夢をあきらめてしまう人も多いのではないでしょうか。
まずは、何でも話せるような、心許せる人がいるかどうかが大きなポイントです。

こうして東京の社会人デビューの山場を越えた後も、
ある程度仕事をこなせるようになって、後輩を指導する立場になったら
それはそれで責任が重くなってきて、また悩みも深くなってくるものです。

ここでもやはり頼りになるのが、悩みを打ち明けることのできる相手です。
仕事の先輩はもちろん、仕事とは全然関係のない所での友人などがいると
仕事仲間には話せないことも、話すことができて、とても頼りになります。
話すことで、自分の気持ちが整理されて、自然と悩みが解消されることもあります。

また、話をできなくても、趣味などで気分転換ができれば心の支えとなり、仕事も頑張ることができるでしょう。
そのように周りの人と助け合いながら仕事を続けることが、東京での社会人として成功する鍵となるでしょう。

もちろん、大変なことばかりではありません。
地方から上京するにあたって、さまざまな環境の変化がともなってきます。
学生や社会人が最も楽しみにしていることは、刺激のある都会での生活でしょう。
エステや脱毛(ミュゼ心斎橋.netが割引キャンペーン実施中)で自分磨きをしたり、
お洒落に着飾って飲みに行ったり、注目のスポットでデートをしたり、、
流行りの最先端を生きることができるはずです。

大変な仕事も、プライベートの時間を確保して満喫できることによって、乗り越えていけるはずです。

飲み会での振る舞い

beer

社会人デビューで飲み会に参加する時に気を付ける事は
お酒との付き合い方に尽きるでしょう。

人間関係を構築する上で飲み会は非常に有効ですし、
同世代の親睦を深めるだけではなく、先輩等の上司との飲み会等
社会人になれば飲みの場というものは色々と起こりえるものです。

新人社員が飲みの場のセッティングをしたり、
場を円滑に回したりと気を使う事も沢山ありますし、
無礼講と言っても礼儀は必要になりますから目上の方との付き合い方も重要になります。

社会人デビューでお酒を飲むようになる場合に注意したい事は、
自分の酒に対する耐性や相性を知らずに飲んでしまう事です。

もともと酒を飲めるか飲めないかは
先天的な遺伝子を持っているかどうかが重要なポイントで、
酒を飲んである程度慣れると言う事はあるものの
根本的にアルコールを分解する能力は先天的に決まっています。

ですから、自身がアルコール分解酵素を持っているのか
また持っていても少ないのか、全く分解出来ないタイプなのかは
知っておかないと酒の場で失敗する事は多々あります。

社会人デビューではなく学生時代から飲む事に慣れている場合は
自身の酒の適正が解りますし、またサークル等の上下関係の中で
飲みの場にも慣れているので問題無いでしょう。
ただ、社会人デビューで酒への耐性も知らずに
飲み会の流れも解らない場合は失敗するリスクがあります。

いずれにしても酒への耐性を知って、
どのように酒と付き合えるのかを知っておく事は必要でしょう。

 

また、歓送迎会、忘年会、新年会など飲み会が重なる時期は財布が
少し寂しくなってしまうものです…
かといって、飲み会に参加しないと空気を乱してしまうし…
自分が欲しいものやしたいことにお金を使いたい場合は少々酷です。

しかし、お得な生活をする技を身に付けてしまえばこちらのものです。
コンビニを辞めて、スーパーを利用するとか、
美容院やエステサロンに行くときはクーポンを使うとか。
《参考:ミュゼなんばの予約やクーポンはこちらです

こういった様々な知恵が
社会人として生きていくために自然についてくることでしょう。

 

 

将来のための貯金

cyokin

貯金とは、正に人が社会人デビューする時には非常に重要な要素の一つになるものです。
なぜなら人が一人前の社会人として自立する際には、
お金の問題は絶対に避けて通ることはできないからです。

自分の給料をまずは把握し、家賃や光熱費など、まずは毎月の必要経費を算出します。
一番カギとなるのは、食費でしょう。
外食するのと、自炊するのとでは月ごとに計算すると大きく変わってきます。
自分でスーパーに買い出しにいって自炊することができると、貯金額はかなり変わります。
その他にも交際費や美容にかけるお金など、削れるところはまだまだあります。
ウェブで検索すると、お得なクーポンなども出てくるので、活用することをおススメします。
こんな感じです。⇒ミュゼ直方の店舗一覧│さらに1,000円お得なweb予約はこちら★

ところでお金は、子供でも普通に貯金箱に貯めていたりします。
しかし社会人デビューする大人は、いい年をしていつまでも貯金箱ではいけません。
社会人となるからには、銀行などのしかるべき金融機関を活用すべきです。
たとえば銀行の預金商品一つ取ってみても、
お馴染みの普通預金や定期預金をはじめとして、様々な商品があるのです。

社会人としてそれらを賢く活用することは、非常に大切なことだと言えます。
もちろん、郵便局や農協、漁協などにお金を預けることも同様です。

大切なポイントは、大人は子供と違って、
お金を貯金箱などに貯め込むだけではいけないということです。

もしも社会人デビューしたはずの大人がタンス預金しかしていないとしたら、
その人の資産管理は子供と同じレベルだということになります。
それは人の経済的自立という観点から考えて、あまりにも脆弱です。

そんな経済観念では自分のためにならないことはもちろん、
将来、結婚して家族を持つことも危ぶまれます。

とにかく、社会人として地に足をつけてしっかり生きていくためには、
貯金をはじめとした経済観念は極めて重要な要素です。
大人の経済観念を身に付けた者だけが、真の大人になれるのです。

20歳になれば自動的に大人になれるわけではありません。

社会人への一歩

syakai

社会人として新たにスタートを切ったからには、
それだけの誇りを持ってそれぞれの職場で活躍できるようにしたいものでしょう。
社会人デビューしてみると、意外と知らないマナーや常識があることに驚いたり
知らずに過ごしていたりしていたことに、否が応でも気づかされます。

そんな社会人デビューの時期にこそ、知っておくべきことが習い事で覚えられるのは
有意義な時間を過ごせるのではないでしょうか。

たとえば、社会人デビューで役立つのが、マナー講座です。
言葉の使い方から立ち居振る舞い、
常識として知っておきたいことなどを網羅しているので
習っておいて損をしない習い事です。

また、実務のスキルアップを目指したいなら
パソコンの習い事も必要になる方もたくさんいます。
それだけ、普段、事務系の処理に携わっている
社会人デビューをした人であれば役立つ内容になっているので、
よりポイントを抑えている社会人向けのパソコンの習い事も、役立ちます。

さらに、社会人デビューをしてから自活している方は料理に関する習い事もお勧めです。
ついつい、一人暮らしになると料理を作らないようになりがちですが
やはり健康な体あっての社会人ですので、
ある程度、基礎的な料理をマスターできるように習ってみることも後々にも役立つでしょう。

また、女性の場合でしたら大人の女性のマナーとして脱毛などで
外見を磨いていくことでさらに自分が輝くきっかけになり、やる気に繋がるとこもあります。
女性に人気の脱毛サロンがランキングで取り上げられていますので
参考に見てみて下さい。…『新宿編!脱毛サロンおすすめランキング!』

社会人デビューした時期は、やる気もあり色々な面で挑戦が出来る時期ですので
そのチャンスを活かした習い事を行ってみるには最適な時期だと言えます。